唇のしわの原因と対策

唇のつきない悩みの原因とは

唇に出来るしわの原因とは

女性らしさを象徴する顔のパーツと言えば唇です。しかし、そんな大切なパーツであるにも関わらず、特に冬の乾燥する季節になると、しわやカサつきが気になってしまうのではないでしょうか。唇がキレイなだけで顔の印象は大きく変わりますので、丁寧なリップケアで魅力アップを目指してみては?

唇は皮膚ではなくて、粘膜です。皮脂腺が無いのでとても乾燥しやすいため、少しでもお手入れをおろそかにしてしまうとすぐに荒れてしまいます。

その一方で、ターンオーバーのサイクルが6~7日間と早いので回復させやすいという特徴があります。もしも唇が荒れたり、しわが気になってしまっても、きちんとケアをすれば数日で解消できます。

唇が荒れたり、しわができたりしてしまうのは乾燥やコラーゲンの変性、減少が原因と言えます。年齢を重ねるにつれて唇のハリがなくなり、しわが増えますが、これはコラーゲンの生成が減ったり遅れたりするからです。また、紫外線もコラーゲンを破壊するので、同じく唇のトラブルに繋がります。

乾燥も注意するべきポイントです。唇は角質層が薄いので、表面がすぐに乾燥します。すると唇の奥の水分もどんどん蒸発して、しわが目立ったり皮がむけて荒れたりしてしまいます。

例えば以下のような癖や習慣は唇のしわや荒れにつながりますので注意しましょう。

・唇をなめる
唇の乾燥が気になるとついつい舌で舐めてしまいたくなりますが、これはよくありません。水分が蒸発するときにただでさえ少ない唇の水分を奪ってしまうので、さらなる乾燥を招いてしまいます。

・唇の皮をむく
唇の乾燥が進んで皮がむけてくると、自分で無理やり剥がしてしまう人もいるかもしれません。しかしこれもNGです。さらに乾燥しやすくなりますし、くすみにもつながってしまうのでやめましょう。

・喫煙
キレイな唇を保つために避けたほうが良いのは煙草です。煙草は血流を悪くしたり酸欠状態にしたりしてしまい、粘膜である唇の色合いにそのまま影響します。

また、ビタミンCを破壊してしまうので色素沈着もしやすくなってしまいます。紫色や、黒ずんだ色の唇になってしまうことがあるので注意が必要です。